読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社探訪-jinja's qualia-

This blog introduces jinjas and deities of Japanese.

MENU

市ヶ谷亀岡八幡宮

神社 神社-東京


市ヶ谷亀岡八幡宮

 

所在地:東京都新宿区市谷八幡町15

御祭神:誉田別命(ホンダワケノミコト)
    気長足姫尊(オキナガノタラシヒメノミコト)
    與登比売神(ヨトヒメノカミ)

 

f:id:watoka814:20161224212026j:plain

 

防衛省から市ヶ谷駅に向かって靖国通りを少し歩き、左に折れた先に石段が見えてきます。その石段を上ると、そこに市ヶ谷亀岡八幡宮の境内があります。

御祭神は十五代天皇である応神天皇こと誉田別命十四代天皇である仲哀天皇の皇后で応神天皇の母である神功皇后こと気長足姫尊、応神天皇の妃神である與登比売神の三柱です。



 

 

市ヶ谷の街に寄り添う八幡神社、市ヶ谷亀岡八幡宮

 

靖国通りを市ヶ谷駐屯地付近で曲がった先に市ヶ谷亀岡八幡宮はあります。
石段を上ると鳥居が見え、奥が境内となっています。

 

 

f:id:watoka814:20161224212022j:plain f:id:watoka814:20161224212024j:plain

 

静かな雰囲気で心落ち着く空間が広がっていました。
市ヶ谷亀岡八幡宮には他に茶ノ木稲荷神社、金刀比羅宮出世稲荷神社境内社があります。

 

市ヶ谷亀岡八幡宮に祀られる三柱の神々

 

八幡神社といえば、八幡神が祀られていることで有名です。八幡神は別名を誉田別命といい、十五代天皇応神天皇と同一であるとされています。母である神功皇后が朝鮮討伐に向かった際、母の胎内にいながら不思議な威光を発揮したとして「胎中天皇」とも呼ばれています。

応神天皇に加えてさらに何柱かの神々が共に祀られていることが多いのですが、この市ヶ谷亀岡八幡宮でもさらに二柱の神々が祀られています。
気長足姫尊と與登比売神です。

気長足姫尊は応神天皇の母・神功皇后のことです。十四代仲哀天皇の皇后であり、仲哀天皇急逝後は自ら指揮を執り三韓征伐を行いました。さらに子供の応神天皇が即位するまでは政務も務めました。

與登比売神応神天皇の妃神として知られています。比売神は一説では宗像三神のことともされています。


加えて特に誉田別命、気長足姫尊、與登比売神の三柱を指して、八幡三神と呼びます。

 

 


参拝記録
2016/12/20

広告を非表示にする